雪降る中を渓流へ 2014/03/08

3/8

5時に目が覚めると雪が降っています。

マジかよ~~

と思いつつも、もしかして一番乗りの予感(笑)


DCF00031512.jpg

予想的中(笑)



DCF00044512.jpg

それにしてもかなり寒い!

-5℃やん!


フエルトに雪が着いて、川まで降りるのでさえツルツルでした。



DCF00034512.jpg

濡れた石は危険なので、慎重に移動しないと。


何年か前のように、解禁早々、熊崎接骨院さんのお世話になりたくないので(爆)



先ずはミミズで反応を見ます。


というか、寒すぎて川虫を捕るのも面倒くさくなって

「反応が悪かったら川虫を捕ればいい」

というただの無精者の考えなのですが。



DCF00032512.jpg

今日の1匹目


アタリ分からず、飲まれてしまいました。



その後もぽつぽつ釣れますが、

この寒さからか、アタリが分からないことのほうが多いのが面白みに欠けます。



DCF00035512.jpg

天井が開けているだけ、前回の釣行よりいいかな。



DCF00038512.jpg

DCF00043512.jpg

まだサビがありますね。



やっぱりこんな天候では活性も低く、

釣り味に欠けるので昼過ぎに納竿としました。


25匹は釣ったかな

もっと暖かくなってからまた行こうと思います。




[ 2014/03/08 17:20 ] 釣行記 渓流釣り | TB(0) | コメント(12)

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
ランキング参加中
更新の励みになりますのでクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

流石♪

綺麗なアマゴが沢山釣れましたね♪

流石~~

もっと大きいのがいそうですね♪
[ 2014/03/08 20:14 ] [ 編集 ]

やっぱ

やっぱ1番乗りですね!
上首尾!
ウデですねえ!
前回と違って川が開けているような、、、
木の枝をあまり気にしなくていいのは楽ですね!
[ 2014/03/08 20:36 ] [ 編集 ]

尺鮎への道さん

大きいのはもっと暖かくなってから動き出すんでしょうかね。

それとも、このサイズがMAXなのかも(^^;
[ 2014/03/08 22:11 ] [ 編集 ]

かやのたもさん

この寒いのに早朝から山奥まで行く一番のバカはやっぱり自分でした。

ここは仕掛けのロストが少なくてよかったです。
その分、釣り人も多く入りますけど・・・
[ 2014/03/08 22:14 ] [ 編集 ]

皆さんに誘われ

釣行度に綺麗なアマゴが釣れますね
私も行きたくなりました
天候をにらんでますが、
イクラがまだ多く残ってるので
放流でも狙ってみますか?楽な釣りで。
[ 2014/03/08 23:38 ] [ 編集 ]

雪化粧

思わぬ雪化粧でしたね!
この景色を見ると、Uターンしそうです(凹)
寒かったのに、好釣果ですね!
これからはミミズの時代ですか(笑)
[ 2014/03/08 23:44 ] [ 編集 ]

アマゴって、渓の色と似てきますね。
私の実家も長野の山奥で、そこは砂岩質なので、
アマゴは淡い色になります。
懐かしい色です。
[ 2014/03/09 08:15 ] [ 編集 ]

釣りお爺さん

そうですね、天然はまだ早いように感じました。
放流のほうが堅いでしょうね。
[ 2014/03/09 14:15 ] [ 編集 ]

もっさん

やっぱり川虫でやるのがいいと思いますよ。
ただ、あの寒さの中、川虫を捕る気力がありませんでした(^^;
[ 2014/03/09 14:18 ] [ 編集 ]

鮎原人さん

魚って石の色に近づきますよね。
アマゴや岩魚は顕著だと思います。

そういえば、この辺りの鮎は黄色っぽいですよ。
[ 2014/03/09 14:22 ] [ 編集 ]

降雪

かなり寒そうな空気を感じますね。
これじゃあ、活性は低いはず…と言いたかったんですが…。
アタリは小さかったようですが、25匹なら意外と活性は高かったんじゃ…?
すごく良い時は、一体どうなってしまうんでしょうか?
[ 2014/03/09 17:43 ] [ 編集 ]

遥さん

25匹といっても小さいのしか釣れなかったので。
大きいのはもっと暖かくなってからでしょう。

すごく良い時は・・・
マムシと熊とクモの巣に阻まれて経験がありません(^^;
[ 2014/03/09 20:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mashitagawa.blog85.fc2.com/tb.php/833-c7f7b68a