スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
ランキング参加中
更新の励みになりますのでクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

岐阜県魚苗センターと琵琶湖鮎の視察 2017/04/21

4/20

益田川漁業組合は組合長以下11名で

岐阜県魚苗センターと長浜市にある鳥塚へ視察に行ってきました。


平日なので自分も有給をもらって出席しました。

IMGP4928512.jpg

最初に美濃市にある県魚苗センターへ


所長さんから生育と受注状況について説明がありました。


ご承知のとおり、今年は琵琶湖産稚魚の漁獲が極端な不漁となっており、

魚苗センターへの注文が殺到しているそうです。

IMGP4921512.jpg

IMGP4923512.jpg

IMGP4917512.jpg

IMGP4919512.jpg

体長12cmほどになっており、既に出荷は始まっています。


IMGP4925512.jpg

こちらは7,8cmほど

まだ鮎っぽくないです。




IMGP4932512.jpg

続いて滋賀県長浜市にある(株)鳥塚を訪問


IMGP4929512.jpg

社長さんから現状と今後の見通しについて説明がありました。

今の状況は例年の3月頃と似ているそうです。

ということは、

ひと月半遅れているということになります。

しかし、遅れている原因が気候によるものなのか、

餌となるプランクトンや水質など環境が起因しているのか

調査段階で明確な答えはありませんでしたが、

心配していた最悪の状況はまぬがれるのではないか

と感じました。(個人的感想になります)



益田川は例年通りGW明けからの放流を予定しています。


但し、あくまでも予定であることと、鮎の種類や数量はどうなるのか検討中です。
スポンサーサイト
[ 2017/04/21 10:49 ] 釣行記 鮎釣り | TB(0) | コメント(4)

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
ランキング参加中
更新の励みになりますのでクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。