サーモンの燻製を作ってみた 2017/01/23

PHOTO_20170121_073004512.jpg

1/21

前回ニジマスの燻製が不評だったので

サーモンにチャレンジです。




スーパーで刺身用サーモン(チリ産)を購入し

ソミュール液(塩、砂糖、スパイス、白ワイン)に一晩漬けます。

20分間流水で塩分調整の後、8時間の風乾燥をしました。


PHOTO_20170121_160622512.jpg

燻製器に入れます。

今回もSOTOの段ボール箱です。

これで7回目かな

よく保ちますね!



食材は吊さずに網の上に置きました。


PHOTO_20170121_160802512.jpg

ついでにチーズも燻します。

森永の「切れてるチーズ」は便利ですね。



PHOTO_20170121_161100512.jpg

スモークウッドはさくらにしました。


PHOTO_20170121_161349512.jpg

最初は90分ぐらいかと思っていたのですが、結果120分になりました。

スモークウッドは片面だけ着火すると温度上昇しないので管理が楽です。



DSC_0114512.jpg

完成!


キッチンペーパーで表面の油を拭き取り、

2時間ほど寝かすと風味が落ち着くそうです。



そしてようやく実食

うん!とっても美味しい!


白ワインに合いますね。

ちょっと塩加減が強かったですが、燻製としては成功です。




DSC_0116512.jpg

チーズは安定して美味しい!

こちらはいつもながら子供に大好評でした。



燻製器を本格的に作りところですが、

4月までは何かと忙しくて

しばらくは段ボールかな(^^)
[ 2017/01/23 22:26 ] 食べ物 | TB(0) | コメント(4)

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
ランキング参加中
更新の励みになりますのでクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ニジマスの燻製作り 2017/01/10

月見ヶ原で釣ってきたニジマスを燻製にしてみました。


覚え書きのような内容ですみません。


夜にニジマスを捌きました。

燻製器のサイズの関係で数は8匹です。


ジップロック(・・・の紛い物)にソミュール液と共に冷蔵庫で朝まで漬け込みます。

翌朝7時から2時間ほど流水にて塩抜き


途中で少し身を取ってトースターでチン!

味見をしました。


PHOTO_20170105_091744512.jpg

塩抜きOKと判断し、爪楊枝で腹を開き


PHOTO_20170105_092221512.jpg

9時~16時まで日陰で乾燥させました。


PHOTO_20170105_161111512.jpg

この段ボール燻製器、実はもう4回使っています。

意外と長持ちしますね。

まだ当分使えそう。


PHOTO_20170105_162939512.jpg

燻製中にネコがウロウロ


PHOTO_20170105_162914512.jpg

燻製中のニジマスには興味ないみたいだし、まぁ、大丈夫か


まるで我が家のペットみたいですが野良猫なんです。




約2時間の温燻(スモークウッドはヒッコリー)

のち2時間の風乾燥

PHOTO_20170106_072007512.jpg

完成!

見た目はバッチリです。


薫りがよく白ワインに最高の肴でした。



しかし家族には不評でしたね。

生っぽさが嫌だそうです。


炙ってみましたが、やっぱりダメみたい・・・

レンジでチンしてようやく食べられるまでになりましたよ。





そして後日6回目の燻製

食材はウインナーとちくわにしました。


ウインナーは1分間ボイルして一晩陰干し

ちくわは1時間の陰干し


チーズが美味しいんですけどカロリーがね(^^;


PHOTO_20170108_101313512.jpg

下2段はウインナー

この並べ方、性格が出ています(笑)

PHOTO_20170108_101449512.jpg

一番上はちくわと置ききれなかったウインナーが1個(笑)

練り物の燻製はハズレがないですね。


PHOTO_20170108_121235512.jpg

90分の燻製、のち2時間ほど風乾燥させて完成


ニジマスと違ってこちらは好評で、あっという間に完食でした。


ウインナーは銘柄によって食感と味がかなり違います。

ボイルの必要もないかもしれません。

今後研究(?)が必要ですね。


[ 2017/01/10 15:49 ] 食べ物 | TB(0) | コメント(8)

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
ランキング参加中
更新の励みになりますのでクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

燻製に挑戦 2016/12/11

12/11

月見ヶ原などで釣ってきたニジマス

いつもは塩焼き、甘露煮、唐揚げでしたが、食べ飽きた感もあって

燻製にしてみることにしました。


・・・で、その前に

そもそも燻製なんぞやったことがなくて、

まずはお試しで冷蔵庫にある食材を燻製にしてみました。


ゆで卵、ちくわ、チーズ

最初なのでこれぐらいにしておきます。


ソミュール液というか、だし汁200ml、みりんとしょう油を大さじ2杯

黒胡椒を適当に加えて液を作り、

これにちくわとチーズを30分漬け込みます。

ゆで卵は液を沸騰させて20分煮込みます。



PHOTO_20161211_110024.jpg

日陰で2時間ほど乾燥


PHOTO_20161211_104859.jpg

燻製器はこちら SOTO 燻家(スモーク ハウス)

段ボール製です。

金網、アルミ皿、吊り下げフック、スモークウッドのセットで1,480円

高いのか安いのかよく分かりませんが、

今後続けるかもわからない自分には「買い」の商品でした。

なんといってもSOTOですから安心です。


PHOTO_20161211_113839.jpg

スモークウッドに着火させます。

1分もしない間に着火完了!

後は勝手に燃えて煙が出るので熱源も温度調整も不要なのは

初心者にはとてもありがたい(^^)

PHOTO_20161211_113358.jpg

食材を適当に並べて(ここが自分らしい・笑)


PHOTO_20161211_115015.jpg

スモークウッドを下に入れ

蓋をしてあとは1時間半~2時間ただ待つのみ。


風が強いので4方向を固定します。



1時間半後、煙が出なくなったので蓋をあけると・・・


PHOTO_20161211_134910.jpg

でけた!

かな?


1時間ほど乾燥させてさっそく試食。

チーズと卵は好評でした。

ちくわはもっと燻してもよかったかな


さすが初心者用!

こんな自分でも燻製モドキができました(笑)



次はニジマスに挑戦です。

[ 2016/12/13 09:11 ] 食べ物 | TB(0) | コメント(6)

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
ランキング参加中
更新の励みになりますのでクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

炭火で鮎の塩焼き 2014/11/7

DSC_0120512.jpg

冷凍庫の整理

鮎を炭火で焼きました。


たてやきくんは高額で手が出ません。

昔ながら(?)の方法で。


落ち鮎も炭火なら美味しいですね~

下戸ですが、この時ばかりはアルコールが欲しくなります。
[ 2014/11/07 09:11 ] 食べ物 | TB(0) | コメント(4)

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
ランキング参加中
更新の励みになりますのでクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

鮎の塩焼き 2013/11/18

IMGP3190.jpg

冷凍庫整理のため

鮎を塩焼きで食べました。



見てのとおり落ち鮎ですが、

それでも炭でじっくり焼いた鮎は美味い!


有名河川の鮎でも、ガスコンロで焼いたらみんな同じだと思っています。


一般人がそこまで判るなら、今問題の「食の偽装」がこんなにあちこちで

行われないのでは、と思います。







[ 2013/11/18 13:40 ] 食べ物 | TB(0) | コメント(12)

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
ランキング参加中
更新の励みになりますのでクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村