益田川 稚鮎の放流(第1回目) 2017/05/16

IMGP0006512.jpg

5/16

益田川漁協中原支部で第1回目の放流を行いました。



IMGP0007512.jpg

IMGP0008512.jpg

岐阜県魚苗センター産 8~10gを400kg


IMGP0010512.jpg

左は組合長



IMGP0009512.jpg

本流は久野川橋、田口おとり、ヤナ場に約75kgずつ

支流は門和佐川に160kg、久野川に30kgの放流です。


群れているのかと思ったら、放流直後にみんな散っていきました。

これはいい傾向です。




次回は5月27日を予定しています。

琵琶湖産になります。


[ 2017/05/16 16:07 ] 釣行記 鮎釣り | TB(0) | コメント(8)

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
ランキング参加中
更新の励みになりますのでクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

放流行事

漸く放流行事でしたね
今年も昨年同様の放流量ですね
ご苦労さんでした。随時お願いします
期待してます。
[ 2017/05/17 09:44 ] [ 編集 ]

釣りお爺さん

県魚苗センターは予想以上に良い鮎でした。
今年は県産の割合が若干増えますが、全体の放流量はほぼ例年通りとなりそうです。
[ 2017/05/17 10:52 ] [ 編集 ]

放流

お疲れ様です。
県産鮎は門和佐が一番多いんですね…。
支流や上流域で機能するって言われていますね。
本流と違って、湖産は入れないって事かな。
[ 2017/05/17 21:29 ] [ 編集 ]

遥さん

今回の県産は本流に225kgなので、本流のほうが多く放流しました。
本流でどこまで機能するか掴めないところがあるので、支流を多めにしたのは確かです。
2回目は湖産ですが、県産だけでは不安なので支流にも入れます。
[ 2017/05/17 21:35 ] [ 編集 ]

順調そうで、なによりですね♬
今年のHGは、ダメでしょう
鮎が見えません(-_-;)一回しか入れないし・・・
琵琶湖産が不漁だった影響が、大き過ぎますよ
[ 2017/05/17 23:26 ] [ 編集 ]

もっさん

放流がどうなるのか心配でしたが、量だけはなんとか例年通りです。
琵琶湖産の不漁は影響が大きいですね。
今後もこういった事が起こると、鮎釣りがどうなるか心配です。
[ 2017/05/18 16:13 ] [ 編集 ]

お疲れ様です

お疲れ様です

今年はどうなりますかね
琵琶湖産が減っているというのは 釣果にどう出るか

役員さんの頭の痛いところ

ところで写真の赤いのは コーン?

逆さにしてるから んーこ

発想が素晴らしい
[ 2017/05/20 17:51 ] [ 編集 ]

ライトバージョンさん

そうですね、県産は増水で下るといいますから、上流部には魚が居なくなるかもしれないですし、掛かりもどうなのか・・・
また琵琶湖産といっても遡上ではなく人口産になるので、これまたちょっと不安です。

お金のある支部は板金屋さんでいいモノを作ってもらっています。
貧乏な当支部はコーンを改造しています。
[ 2017/05/21 16:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mashitagawa.blog85.fc2.com/tb.php/1160-0a6afcab