スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
ランキング参加中
更新の励みになりますのでクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

岐阜県魚苗センターと琵琶湖鮎の視察 2017/04/21

4/20

益田川漁業組合は組合長以下11名で

岐阜県魚苗センターと長浜市にある鳥塚へ視察に行ってきました。


平日なので自分も有給をもらって出席しました。

IMGP4928512.jpg

最初に美濃市にある県魚苗センターへ


所長さんから生育と受注状況について説明がありました。


ご承知のとおり、今年は琵琶湖産稚魚の漁獲が極端な不漁となっており、

魚苗センターへの注文が殺到しているそうです。

IMGP4921512.jpg

IMGP4923512.jpg

IMGP4917512.jpg

IMGP4919512.jpg

体長12cmほどになっており、既に出荷は始まっています。


IMGP4925512.jpg

こちらは7,8cmほど

まだ鮎っぽくないです。




IMGP4932512.jpg

続いて滋賀県長浜市にある(株)鳥塚を訪問


IMGP4929512.jpg

社長さんから現状と今後の見通しについて説明がありました。

今の状況は例年の3月頃と似ているそうです。

ということは、

ひと月半遅れているということになります。

しかし、遅れている原因が気候によるものなのか、

餌となるプランクトンや水質など環境が起因しているのか

調査段階で明確な答えはありませんでしたが、

心配していた最悪の状況はまぬがれるのではないか

と感じました。(個人的感想になります)



益田川は例年通りGW明けからの放流を予定しています。


但し、あくまでも予定であることと、鮎の種類や数量はどうなるのか検討中です。
[ 2017/04/21 10:49 ] 釣行記 鮎釣り | TB(0) | コメント(4)

ご訪問ありがとうございます m(_ _)m
ランキング参加中
更新の励みになりますのでクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

鮎放流稚魚

ご苦労さんでした
今年は琵琶湖産が厳しい様子で各漁協も確保に大変ですね
益田川も例年通リ放流されると思いますが
漁協の皆さんの努力には感謝してます、
稚魚放流が連休辺りとの事、又情報をお願いします
ご苦労さんでした。
[ 2017/04/21 12:01 ] [ 編集 ]

稚鮎

視察、お疲れ様です
凄い数の、稚鮎達ですね♬
オトリ送れば、入れ掛かり間違いなし(笑)
琵琶湖の稚鮎は、遅れ気味、、、
今年のHGは、県産鮎になりました(-_-;)
[ 2017/04/21 23:04 ] [ 編集 ]

釣りお爺さん

過去にもセンター産メインで放流したことがあります。
琵琶湖産にくらべて追いが悪いそうです。
種類によって放流方法を考えなければいけませんね。


[ 2017/04/22 17:41 ] [ 編集 ]

もっさん

益田川もおそらく県産メインになるでしょう。
まんべんなく放流するより、密度の濃い場所を作ったほうがいいそうです。
でも、それをやると場所ムラの不満が出るんですよね・・・
[ 2017/04/22 17:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mashitagawa.blog85.fc2.com/tb.php/1152-a416fbb3








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。